【キャッシュレス入門】キャッシュレスの必要性 とは?【 キャッシュレス 必要性 】

キャッシュレスってなんで必要なの?」「キャッシュレスを始めると具体的に何がいいの?」

こういった疑問に答えます。

 

本記事では、キャッシュレス必要性や今後どのようにキャッシュレスが進んでいくのか予想をしたいと思います。

 

では、さっそくみていきましょう。

 

キャッシュレス とは?

キャッシュレス 必要性
キャッシュレス

現金をほとんど使用せず、クレジットカード電子マネーなどの電子決済( キャッシュレス )のことをいいます。

また、電子決済( キャッシュレス )の普及が進んだ社会のことを、キャッシュレス社会といいます。

 

では、次にキャッシュレス社会メリットについてみていきましょう。

 

キャッシュレス 社会のメリット

  • 現金を発行、流通させることによるコストの削減になる
  • 現金決済に伴う設備の設置費用や管理コストの削減になる(*ATMなど)
  • 匿名性が高い現金とは違い、使用履歴が残るため不正な蓄財、脱税、マネーロンダリングなどの犯罪を防ぎ易くなる。
  • 現金目当ての強盗が成立しなくなる。
  • 利便性が向上する。
  • 現金を持ち歩くリスクが軽減される。
  • 紛失時の利用停止の申請が可能で、不正利用の際は保証もある。
  • キャンペーンなどがあるので、使用した分だけ還元される場合もある。

 

では、次にキャッシュレス社会デメリットについてみていきましょう。

 

キャッシュレス 社会のデメリット

  • 使用できる店舗が限られてしまう。
  • 決済手数料がかかる。
  • スキミングやハッキングなどのリスクがある。
  • 電子機器が使えない状況だと使えなくなる場合がある。
  • 災害が発生した際に、決済ができなくなる。
  • 決済完了までに時間がかかる場合がある。
  • 高齢者の方には扱い難い場合もある。(*個人差はあります)
  • 高齢者を狙った犯罪などの増加をするリスクがある。(*送金・決済がより簡単になるため)

 

キャッシュレス 必要性

メリット

上記の キャッシュレスキャッシュレス社会のメリットからみてわかったように、

現金を所持している」ということ自体にもリスクがあるという事実は否めないですね。

実際に、強盗などの被害にあわれている方も多いです。誰でも被害にあってしまうリスクを抱えているということは間違いないのではないでしょうか?

しかしながら、キャッシュレスが普及すると、お金の用途が履歴として残るため、透明性が増します。そのことから、不正な蓄財、脱税、マネーロンダリングなどの犯罪を防ぐことができる上に、もし万が一、犯罪などによって、他者からの圧力がかかりお金を送金せざるを得なかった場合にも、いつどこで誰が誰にというような情報は全て記録されるため犯人の特定は可能になると思われます。

 

また、現金では不可能な、決済額に応じての還元キャンペーンなどが開催されるので生活にもかなり優しいのではないでしょうか?

 

利便性のみではなく、犯罪の抑止にも繋がるキャッシュレスはこれからますます進みそうですね。

 

デメリット

その一方で、キャッシュレス( キャッシュレス社会 )のデメリットであげたような問題点もいくつか存在しているのが現状です。

キャッシュレス( キャッシュレス社会 )のデメリットに目を通してみると、特に使用店舗やハッキング、インフラ系の問題が問題の規模感的にかなり大きいでしょう。

使用店舗は問題は解決可能だとは思いますが、かなりの年月がかかることでしょう。ハッキングに関しては、いたちごっこなので問題が完璧に解決されることは難しいのではないでしょうか。

また、インフラ系の問題もどのように解決されて行くのか予想ができない状態です。災害時にはネットワークが乱れてしまう傾向があるので、特に地震大国日本はどのように対策をしていくのかが今後キャッシュレスが普及していくにあたっての鍵となるでしょう。

 

もう一つ重要な問題が、キャッシュレスを語っての高齢者をターゲットにした犯罪が増えるのではないかと予想しています。

今まで以上に決済・送金が簡単になってしまうので、「インターネットで調べ物してたら高額請求されて、言われるがまま相手に送金してしまった」などの問題が出てくるのではないかと予想しています。

今後、高齢者の方向けに日本でもキャッシュレスが普及していくにあたって、ある程度インターネットの仕組みやキャッシュレス関連の基礎知識が得られるように情報メディアは進めていくべきではないでしょうか?

 

さて、最後にキャッシュレス社会が今後どのような展開を見せていくのか予測してみたいと思います。

 

キャッシュレス社会 展開予測 

まず、予測をする上で重要になってくるポイントは「QR・バーコード」です。

キャッシュレス系アプリの場合は、QRコードやバーコードで決済し、クレジットカードの場合は、カードの磁気情報によって決済が行われます。

今後このような決済手法がメインとなっていくと仮定すると、キャッシュレス( キャッシュレス社会 )のデメリットにもあげた通り、決済速度が遅いなどの問題が取り上げられてくると思います。

この問題を解決するのがテクノロジーの力です。

仮想通貨の RippleXRP )を使えば、わずか4秒で決済が完了します。

キャンペーンなど大々的に進めて、キャッシュレスの普及に力を入れている日本ですが、一体なぜそこまでする必要があるのでしょうか?(現在、Pay系のサービスはほとんど赤字です。)

また、現在Rippleは急速に企業、銀行、VisaMasterカードなどのカード会社と提携を結んでおり、実用段階にあります。

あくまで個人の見解・予測ですが、Rippleなどの通貨を普及・流通させるためにいち早くキャッシュレスを進める必要があったのではないのでは?と考えます。

かなり近い未来に、世の中に仮想通貨が普及し、個人・企業がQRコードやバーコードで決済・送金などを行なっているのではないだろうかと予想します。

以下の記事ではRippleについて詳しく説明していますので参考にしてみてください。

【絶賛開催中】米 Ripple 主催カンファレンス「 SWELL 」とは?【仮想通貨初心者向け】

 

まとめ

キャッシュレスは日本のみならず世界中で急速に普及しています。キャッシュレスのメリット・デメリットをしっかり理解し、今後起こり得る決済革命に備えていきましょう。

 

Share

Rankings :

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Ratings :
1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




CryptoNewsは暗号/仮想通貨(ブロックチェーン)およびキャッシュレスに関する総合情報サイトです。
CryptoNews is going to post most recent hot information on Crypto(block chain technology) and cashless.
©Copyright 2020 CryptoNews All Rights Reserved.