仮想通貨 の価値が上がる仕組みとは【仮想通貨初心者向け】

仮想通貨
bitcoin-price

「仮想通貨ってなんで価格が上がるの?」「国内だと何処で買えるの?」

こういった疑問にお答えします。

本記事では、仮想通貨の価格が上がる仕組み国内のおすすめ取引所の紹介をします。

まずは、仮想通貨についてのおさらいから始めましょう。

 

仮想通貨 とは?

仮想通貨とは、「特定の国家による価値の保証がされていない通貨」のことを言います。

日本円や米ドルなどの「法定通貨」は、国がその価値を保証しています。

さらに詳しく言えば、インターネット上でやりとりされる電子データでありながら、法定通貨と同様に決済、送金、融資などが可能です。

仮想通貨の特徴としてあげられるものに暗号化技術があります。公開鍵暗号、ハッシュ関数などの様々な暗号化技術により、通貨の偽造や二重払いといった通貨の基本的な問題を回避できる。といった特徴があります。

上記で述べてあるように、通貨の偽造を回避し安全性を担保するために暗号化技術が使われていることから、米国などでは「暗号通貨(クリプトカレンシー:*CryptoCurrency)」と呼んでいます。

仮想通貨
bitcoin-with-cash

*CryptoCurrency:暗号文の通貨

「まずは無料仮想通貨を始めてみたいな。」という方は、以下の記事を参考にしてください。

Bitcoinが無料でもらえるおすすめアプリ【ビットコイン初心者向け】

次に、仮想通貨の特徴について見ていきましょう。

 

仮想通貨 の特徴

法定通貨と比較して、仮想通貨の特徴は以下の通りです。

中央管理者が不在

法定通貨は、発行する国が主体となっています。景気が縮小すれば発行量を増やしたり、政府が意図的に通貨を操作することもあります。

それに対して、仮想通貨には、中央管理者発行者がいません。特定の人によって、価格や発行量を操作されることはなく、あらかじめ発行量などが定められており、プログラムに組み込まれています。

ブロックチェーン技術

端的に言えば、全員で管理している台帳です。なので、記録されたデータの改ざんがしにくく、不正が起こりにくいです。多くの仮想通貨にはこの技術が使われており、ユーザー同士がお互いに監視することで、システムの安全性が保たれています。

発行上限

法定通貨は、国が操作すれば無限に発行ができます。

それに対して、仮想通貨の場合は、あらかじめ発行上限がプログラムされており、その上限以上の発行ができません。

法定通貨と交換できる

仮想通貨は、取引所と呼ばれる場所で、別の仮想通貨交換することもできれば、法定通貨換金することもできます。

また、一部の決済方法として導入されている店舗で買い物をしたり、家族や友人などにスピーディーかつ低コスト送金することもできます。

 

次に、法定通貨と仮想通貨の価値に関する考え方の違いについてみてみます。

 

仮想通貨 の価値について

価格は常に一定ではない

法定通貨の場合は、価値が下がることはあっても、額面は変わりません。1000円はいつまで経っても1000円のままです。

それに対して、仮想通貨の場合は、同じ数量を保有していても、局面によって日本円に換算したときの価格が変わります。有名な話ですが、1ビットコインでピザが買える程度だったのが、今は100万円前後の価値がついています。

 

さて、仮想通貨の価格についての基本についてはここまでにして、本題に移りましょう。

 

仮想通貨 の価値はなぜ上がる?

近い未来に需要が大きくなると予想される

仮想通貨の普及を期待させるようなニュースが流れると、今後その仮想通貨の価値が上がるだろうと予想した人たちが買い始めます。それによって、値上がりすることもあります。

仮想通貨 の知名度が上昇する

大企業が仮想通貨の採用を決めたケースや有名店舗で導入されたケースなど(良いニュース)が流れた際に価格が上昇します。Bitcoinの普及が世界中の至る所で進んでいるので、これも価格の上昇に繋がるでしょう。

それとは逆に、仮想通貨についての悪いニュース(例えば、規制された場合など)が流れれば、下降する場合もあるので注意が必要です。

仮想通貨 の取引所へ上場する

国内外問はず、利用者の多い取引所に上場すればするほど知名度が上がり、購入者も増加するため、その仮想通貨の価値は上昇する場合が多いです。

 

では、最後に国内の主要な取引所の紹介をします。

 

仮想通貨 のおすすめ取引所 について

1.bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
bitflyer

bitFlyerは仮想通貨(bitcoin)取引量日本一の日本最大級の仮想通貨取引所です。

2014年に設立された取引所で、金融庁にも正式に仮想通貨の取引所として登録されています。

登録はこちらからできます。

 

2.Coincheck

coincheck
coincheck

Coinceckは登録者数も多く取り扱っている通貨数も多いことから初心者にもおすすめの仮想通貨取引所です。

2012年に設立された取引所で、2014年8月に運営を開始したビットコイン取引所サービスです。2019年にマネックスグループ株式会社の買収により完全子会社となりました。

登録はこちらからできます。

 

まとめ

今後は仮想通貨の普及がさらに加速していきます。しっかりと知識をつけて備えましょう。

投資の鉄則ですが、なくなっても良い金額で運用をしましょう。

*注:本記事は、筆者による一個人の見解です。決して購入を強要するものではありません。投資はあくまで自己責任でお願いします。

 

参考にした記事

Coincheck:https://coincheck.com/ja/article/271

 

仮想通貨の価格が上がる仕組みについてご理解いただけましたでしょうか?

以上です。記事が参考になりましたら幸いです。

Share

Rankings :

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Ratings :
1つ星 (3Good!)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




CryptoNewsは暗号/仮想通貨(ブロックチェーン)およびキャッシュレスに関する総合情報サイトです。
CryptoNews is going to post most recent hot information on Crypto(block chain technology) and cashless.
©Copyright 2020 CryptoNews All Rights Reserved.