【速報】中国が Bitcoin の流通促進へ!仮想通貨価格高騰へ向けて一歩前進

 

 

 

 

 

china-approved-bitcoin

「中国がBitcoinの流通促進したら価格が高騰するってどういうこと?」

こういった疑問にお答えします。

 

本記事では、最近の中国のBitcoinに対する取り組みについて触れていきます。

 

では、さっそくみていきましょう。

 

中国の Bitcoin規制 の過去

今年(2019年)の4月以降、中国ではBitcoinの*マイニングを規制していました。それにより、中国のBitcoinマイニング企業は国外への移転を余儀なくされました。

*マイニング:トランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行Bitcoinを報酬として受け取る。(Wikipediaから引用)

何故、中国がBitcoinのマイニングを規制したのか。その理由は、空気汚染防止のためです。

Bitcoinのマイニングと空気汚染って何の関係があるの?」

実は、中国は過去にもマイニングを規制していました。それは、2017年まで遡ります。

中国は2017年9月にICO(仮想通貨を集める形式の資金調達)を禁止し、仮想通貨取引所を実質的な閉鎖に追い込みました。それから2018年になり、今度はBitcoinのマイナー(マイニング業者)に対する規制を導入し、事業からの撤退を指示。これにはかなりのインパクトがありました。何故なら、その当時は、Bitcoinのマイニングの約8割が中国国内で行われていたからです。

当時のマイニングでは大量の電力を必要としていました。しかしながら、2017年の中国共産党全国代表大会にて、習近平・国家主席は、2020年までに手掛け3つの重要課題(汚染防止、金融リスク防止、貧困脱出)を挙げました。

中国では石炭火力を用いて発電を行なっています。電力を大量に使うということは、二酸化炭素やPM2.5を大量に排出されるということです。

これにより中国はBitcoinのマイニングを規制を開始しました。

 

上記で述べたように、今年(2019年)の4月以降、中国ではBitcoin*マイニングを規制していました。しかしながら、2019年11月6日にそのBitcoinマイニングを突如解禁しました。

 

中国が Bitcoinマイニング を解禁

中国の仮想通貨業界の関係者のDovey Wan氏は、中国国内禁止事項リストから、「ビットコインマイニング」の項目が削除されていることから、中国が「Bitcoin取引Bitcoinマイニングの禁止・制限が正式に解かれた。」という公式発表を投稿しました。

今回マイニングが容認され、中国は今後ますますBitcoin含む仮想通貨の発展に寄与していくとともに、仮想通貨市場の景気にも活気が戻ると予想しています。 

 

仮想通貨市場における良いニュースはこれだけではありません。続いてみていきましょう。

 

中国が Bitcoin の流通促進へ!

中国では、2019年10月24日に開かれた中国共産党の政治局委員会の会合で、習近平国家主席による「本格的なブロックチェーン技術導入促進」について指示しました。それにより中国国内ではBitcoinブロックチェーンへの歓迎ムードが非常に速い速度で高まっています。

以前はBitcoinを含むあらゆる仮想通貨取引マイニングが禁止・制限されていたにも関わらず、現在では政府も民間も態度を急変させ、Bitcoinなどの仮想通貨の利用促進やその基盤となるブロックチェーン技術の開発・流通を進めるような取り組みが見受けられます。

Bitcoinに対する批判への取り締まりを強化 

現在、中国ではブロックチェーンBitcoinに対する否定的な発言批判的な記事などを厳しく検閲しています。

ブロックチェーン技術やBitcoinは詐欺だという記事は現在禁止されている」と、フォロワー数7万人強の著名TwitterユーザーであるcnLedgerが報告しているように、中国国内ではブロックチェーンBitcoinに対して批判的な意見にはすべて「このコンテンツは違反のため視聴できません」というようなメッセージが表示され、閲覧できないようになっていると伝えています。 

ブロックチェーンとBitcoinの教育を半強制的に進める

習近平国家主席のあらゆる思想を国民に教育するために設計された中国のアプリ「Xuexi Qiangguo」では、現在、ブロックチェーンとBitcoinに焦点を当てた学習コースを提供し、利用を推奨しています。

同アプリのブロックチェーン及びビットコインの学習コースは、有名大学の教授が多数監修に携わるなど、かなり力の入った設計がされています。

 

おすすめ取引所

Binance

Binance(バイナンス)はマルタに拠点を構える仮想通貨取引高・登録者数も世界でトップクラスの取引所です。

Binanceには以下の特徴があります。

Binance 特徴

  • 取引高・登録者数が世界一
  • 手数料が安い
  • 扱っている通貨数が100種類以上
  • メールアドレスを登録するだけで取引ができる
  • スマホアプリが使いやすい などが挙げられます。

しかし、ながら日本語の対応は現在行われていません。

さて、どのような取引所なのかわかったところで、ざっと登録の流れも解説しておきます。

Binance 登録の流れ

  1. メールアドレスとパスワードを登録する
  2. 確認メールをクリックして登録を進める
  3. 2段階認証の設定
  4. 本人確認をする

登録を完了したら、国内の取引所でBitcoinを購入してBinanceへ送金してあげる必要があります。

Bitcoinの送金が完了したら買い板で欲しい通貨の数量を設定して注文します。

取引を始めるにはメールアドレスを登録するだけなので、数分で取引が始められます。さらに、手数料も安価であるため、海外取引所初心者にも適していると言えます。

Binanceへの登録は>>>こちら<<<からできます。

 

まとめ

本記事で述べたような中国の仮想通貨の普及を推し進めるような体制・仕組みにより、今後ますます仮想通貨市場にチャインマネーが流れ込んでくることが期待できます。

仮想通貨市場に中国という大国が本気で流入してくることを考えると、今後の仮想通貨市場の動向から目が離せません。

*注:本記事は、筆者による一個人の見解です。決して購入を強要するものではありません。投資はあくまで自己責任でお願いします。

 

以上です。記事が参考になりましたら幸いです。

 

参考にした記事

Coinotaku:https://coinotaku.com/news/articles/50500

Share

Rankings :

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Ratings :
1つ星 (3Good!)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




CryptoNewsは暗号/仮想通貨(ブロックチェーン)およびキャッシュレスに関する総合情報サイトです。
CryptoNews is going to post most recent hot information on Crypto(block chain technology) and cashless.
©Copyright 2020 CryptoNews All Rights Reserved.